--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/18 (Wed) 00:09
愛と復讐の挽歌

えらいことになってるなぁ、 劇場公開ですか・・・ 公式HPまで出来て感謝感激だけども・・・、いいの?
だいいち、童貞 童貞 とおだてられても俺、童貞じゃないし!(完全版では告白してますが)童貞は童貞でも素人童貞なわけで。 だから真性の人には申し訳なくて。
まー でもね 1回や2回プロの人とやったからって変わりゃしねーよ。今じゃー後悔してます。初体験を思い出す度にあの肥えたブサイクなおばさん(26と言っていたが30は余裕でこえてると思う)が出て来ると思うと悲しくなるさ、あーあ。
しかししかしだ 21の俺が何故そんな行為に走ったかというと、当時好いていた女性に振られまして・・・ このままじゃどうにかなっちゃうよ って時に これは 風俗しかないだろう! デリヘルしかないだとう! 、と いやーでもね 結局 全然楽しくないんですよ。そんな初めて会った人と楽しくおしゃべりなんて出来るはずないし、おっぱいだってモミモミナメナメしたくても そんな事出来るわけないじゃないですか! そんな訳で風俗は断念したわけです。
それに結局 想いを寄せていたその子にも その後1年くらいあーだこーだとつきまとい こっぴどい仕打ちを受け アイドルやブックオフ通いが加速するのでありました。
まー しかしだ もし彼女やら大木さんやらと付き合っていたら この映画は成り得なかったわけで、 今まで俺を通り過ぎていった全ての女性に みんなありがとう と言いたい。 逃した魚はでかかったと。

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 映画

<< 前略、大沢遥様 | ホーム | 『童貞。をプロデュース』をプロデュース! >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。