--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/24 (Tue) 00:52
セキ☆ララ

sekilala01.jpg

「セキ☆ララ」

『数年前まで僕は「もう在日ネタはやらない」と言っていた。過去の歴史を追うのは性に合わないと思っているし、いわゆる「悲しい過去」を一方的に聞かされるのはしんどい。それでも誰かに「数十年後には在日コリアンはいなくなる」と言われた時、一瞬だけ「いなくなる」って言葉に反感を覚え、その直後に「それなら撮らないとな」と思った。それも出来るだけ同世代を。一世のおじいさん、おばあさんではなく、三世とか四世といった若い世代を。
だから正直、「在日コリアンのAV女優、男優」なら誰でもよかったのだ。絶対に三世の相川ひろみで、朝鮮籍から韓国籍に変えた二世の花岡じったである必然性はなかった。でもその緩さがよかったな、と思う。雨の海岸とそこにたたずむ背中、尾道のスナック街の路地、鶴橋のキムチ屋。緊張感とは無縁なただ、 そこにある風景を撮りつつ、交わされる会話。特に花岡さんの「在日って中途半端な人が多いんだよ」という言葉は今でも忘れられない。
特別永住権を持つ在日コリアンは年々減っている。だからとって「いなくなる」ことはないと思う。僕は5歳で帰化をし、国籍では「日本人」となった が、「在日」という意識が消えることはない。僕だけではない、この作品に登場する皆がそうだと思う。
「今の「在日」が撮りたい。それも性を生かせるAVで」そんな考えから始まった「Identity」。僕は今でもカメラの前で食べ、走り、セックスした 彼、彼女等との時間を思い出す。その時に共有した思い、を忘れないように』

と、ヤマガタでのコメントで書いて、来週にはDVDが発売されて、今度はまたアップリンクで上映。
「アイデンティティ」が「セキ☆ララ」になって、さらに多くの人へと広がることが嬉しい。

だからこそこの機会に、ぜひスクリーンで見て欲しいと思う。
スポンサーサイト

<< 双子でDON | ホーム | 闇からの使者 >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。