--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/30 (Thu) 02:45
『TV Bros.』にて絶賛レビュー掲載!

bros0901

『TV Bros.』最新号、川勝正幸さんの連載にて絶賛レビューが掲載されています!
是非御チェックください。
スポンサーサイト

2007/08/28 (Tue) 18:15
『童貞。』フルスロットルで公開中!

matsueyamashitamayumi

続映の決まった『童貞。をプロデュース』3日目、シネマ・ロサ支配人の英断を裏付ける大入りでした!上映後は山下敦弘監督を迎えたトークショーを。『松ヶ根乱射事件』と『童貞。をプロデュース』の類似する箇所で勝ったとか負けたとか童貞感漂うトークが炸裂しました。

会場には今年の邦画界にその名を轟かした『ラザロ』(現在アップリンクXで続映中!)の主役マユミこと東美伽さんもご来場。「泣きました」というストレートなコメントを頂きました。

そんなわけで写真は今年の邦画界を代表する顔となった3人。(左から『童貞。』松江監督、『天然コケッコー』『松ヶ根乱射事件』山下監督、『ラザロ』主演・東美伽さん)

『童貞。をプロデュース』の上映は1週間延びて9月14日(金)までです!

どうぞ宜しくお願い致します。

2007/08/27 (Mon) 18:30
好評につき上映1週延長決定!

dotei2men

大盛況の初日を迎えた『童貞。をプロデュース』は上映後に拍手が起こるなど、とても暖かい空気に包まれました!

そして3日目を迎える本日、池袋シネマ・ロサの支配人さまより嬉しい連絡が。

「好評につき1週延長」

とのことです!

上映は9/14(金)までになります。追加イベントも検討中です。

2号・梅澤君から「もう親バレなんかどうでもいいっす!こうなりゃ大ヒットを!」という男前なメールも届いております。

まだまだ続く『童貞。をプロデュース』、引き続き宜しくお願い致します!

2007/08/25 (Sat) 12:53
日本経済新聞「シネマ万華鏡」にて★5つ頂きました!!!!!!!!!!

nikkei_dotei

日本経済新聞の「シネマ万華鏡」にて『童貞。をプロデュース』が紹介されています。何と掲載タイトルの中で唯一の★5つ!「今年有数の傑作」に選定され、『シッコ』を抑えて堂々トップです!宇田川幸洋さん、ありがとうございます!

この記事を受けて早速、梅澤君(童貞2号)の身辺にも余波が。
下記は、梅澤君の叔母様より梅澤君に届いたメールです。

「見覚えのある写真にめがとまりました。映画評論家の宇田川幸洋氏は★五つ 今年有数の傑作を付けてますね。よしは、俳優として出てるのかな、メディアに載ってデビューとなるといいなあ- 楽しみです。」

…というわけで、「バレてる!親戚一同が観に来てしまう!どうしてくれるんですか!」と動揺する梅澤君をよそにいよいよ本日より初日を迎える『童貞。をプロデュース』、お見逃しなく!

2007/08/25 (Sat) 12:52
『Invitation』最新号

invitation_aida

『Invitation』最新号の「選びきれない人のための映画時評」にて『童貞。をプロデュース』が紹介されています。ライターの相田冬二さんは第一部・加賀君にビビッと来たようです。観る人によって様々な感想が生まれるのが本作の魅力でもあります。

いよいよ初日。観た人の心の中で、『童貞。』が決して「前菜」ではなく「メインディッシュ」となることを祈っております。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

2007/08/25 (Sat) 12:37
『童貞。をプロデュース』トークゲスト決定!

大変お待たせしました。トークショーの方は下記のメンバーでお送り致します。
※8/25(土)追加情報有り

8/25(土)......松江監督ほかスタッフ・キャスト舞台挨拶
8/27(月).......山下敦弘(監督)×松江哲明(監督)
8/30(木).......宮崎吐夢(俳優)×松江哲明(監督)
9/3(月)........根本敬(漫画家)×松江哲明(監督)
9/4(火)........森下くるみ(女優)×松江哲明(監督)
※舞台挨拶は上映前、トークショーは全て上映後になります。
※イベント当日はシネマ・ロサ窓口でPM12:00より整理券を配布致します。

どうぞ宜しくお願いします!

2007/08/24 (Fri) 21:07
オンリー・ユー ~僕と加賀くんの素敵な関係~

ではでは この映画に出るはめになってしまった 俺を引っ張りだした 張本人 主犯 加賀賢三との関係を述べたいと思う。
んー でも面倒くせーな。 じゃー、まー かいつまんで話しますと 出会いは バンタン映画養護学校なる専門学校であります。 が クラスが違ったのもあって 親しくなったのは入学1年程だったかな たって共通の友人の自主映画を共に手伝うようになった時でした。 加賀くんは学校でも最初から目立ってたので ケッ とも いいなー 楽しそうでとも思ってたんだけど そんで加賀くんの映画に出たり手伝ったりして絆は深まって行くのでした。

んでね 付き合い始めた当初からね、加賀くんは 俺は童貞だ! と声高に風潮してて 一緒に モテたい モテたい って言ってたんだけど 加賀くんは なんつーの 全然 恋したとかさ 例えば 「大木さんとヤリてー」 みたいな事も言わないし いや 俺も言ったりしませんよ! 例えですよ、例え! 「加賀さんファンなんですー」みたいな事言われても どーこーする訳でもなし、 勿論 風俗にも興味ない様子だし
ほんとこいつ童貞捨てる気あんのか? と心配というか不思議に思ってたんだけど、
いつの間にやら まさみさんが 好きだ!好きだ! と もー うるせーよ ってくらい言い出して はー 良かったなー と

だから 松江さんは「童貞。プロデュース」を作って 加賀くんがいい奴に見られてムカついた っていってたけど 確かに一理あるし そーなんだけど やっぱりあーいう奴なんですよ。本気で一穴主義な男なんですよ。

あー 加賀くんだなぁ と思った、 「童。プロ」最初観たとき。

それにやっぱりねー 加賀くんの方がクリエイティブだと思うんですよ 加賀くんには勝てないですよ だから俺は加賀くんよりオタクになろう 収集しようと思ったの(ちょっと嘘)。

そんなこんなで俺は加賀くんを愛してます。
幸せを祈っております。



1人だけずるいぞ! ちくしょー このやろー! 裏切りものめ~!!

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗

2007/08/20 (Mon) 13:55
キネマ旬報・9月上旬号

kinejun_dotei


『キネマ旬報』9月上旬号にて松江哲明監督インタビュー+森直人さんによる映画評(全3ページ)が掲載されております。

表紙はかの『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』ですが、マイケル・ムーアの『シッコ』、タランティーノ&ロドリゲスの『グラインドハウス』と並び『童貞。をプロデュース』のタイトルも記載されております!(写真)

是非手に取ってみてください。

2007/08/19 (Sun) 16:11
童貞。オールナイトVOL.2、大盛況のうちに終了!そして本上映へ。

spo701_2jacket

猛暑の2007年・夏ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。

先日、公開記念オールナイトVOL.2が予想以上の大盛況のうちに終了致しました!ご来場された皆様、本当にありがとうございました!

お知らせを幾つか。

8/25(土)~の池袋シネマ・ロサでは公開期間中のロビーにて『童貞。をプロデュース』にまつわるアイテム、スチールなどを展示予定です。ご来場の際は是非ご覧になってみてください。

また、配給・SPOTTED PRODUCTIONSが発行するパンフレット的小冊子『spotted701 vol.2 ー『童貞。をプロデュース』special』(写真)も販売致します。→|詳細

9/22(土)~の大阪での上映に際して前日の9/21(金)に先行オールナイトイベントも実施します。詳細は追って。関西の皆様、どうぞ御期待ください。

それでは、公開までいよいよ1週間!

引き続き宜しく御願い致します。


2007/08/17 (Fri) 11:01
峯田和伸さん出演の追撮パート、撮影終了!

anadorei_shoot

先日の夜中、公開まで10日に迫った『童貞。をプロデュース』追加パート(第1部・第2部の間のインターミッション)の撮影が敢行されました。

先日お伝えしたように、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)が童貞1号・加賀君が本編中で披露した歌「穴奴隷」をカバーしてくださるという、嘘みたいな本当の話です。

真夜中の中野サンモール・路上。地べたに座ってアコースティック1本で弾き語りを披露してくれた峯田さんの奇蹟の3テイク。いわゆるPVの撮影とは一線を画し、その夜の濃密な時間を1カットで切り取ったドキュメント映像はその場にいた人間の心をゾクゾクとさせるものでした。

童貞1号・加賀君はメイキングカメラを回しながら、本編同様土下座しまくり、徐々に放心状態に。この奇蹟の一夜をきっかけに失った「童貞力」を取り戻すかもしれません。

そして峯田和伸さんのブログに『童貞。』追撮パートの記事が掲載されています。本当にありがとうございます!

「穴奴隷」には「夢から覚めたら、恋人同士じゃなかった」という悲しいフレーズがありますが、今回は夢ではないです。『童貞。をプロデュース』での加賀君の好きな子への想いが、歌となり、その歌が峯田和伸という「本物」のミュージシャンの心を動かし、実現した今回の撮影。

『童貞。をプロデュース』の魅力もまた「本物」である証明となる素晴らしい映像になっていると思います。

公開までいよいよ10日を切りました。

明日はオールナイト第2弾です。ふるってご参加ください!

2007/08/13 (Mon) 19:56
8.18『童貞。』オールナイト第2弾開催!

先日、『童貞。』公開記念オールナイト第1弾が無事終了!世界一の『ファントム・オブ・パラダイス』フリークの三留まゆみさん(イラストレーター)に加え、日本一の『悪魔のいけにえ2』愛好家・古澤健監督もトークショーに飛び入り参加してくださいました。

そしてアメリカの童貞たちはやっぱり強かった!『バス男(=ナポレオン・ダイナマイト)』は再発見の連続。改めて傑作だと思いました。『ファントム・オブ・パラダイス』も観るごとに好きになるし、『悪魔のいけにえ2』も今まで観た中で一番痛快でした。この3本立て後の朝を体験した方はきっと今後良いことがあるはずです。

ちなみに最近、舞台上での童貞2号・梅澤君の繰り出すミサイルがどんどん強力になってきました。次に会うときはどんなトランスフォームをするのか今からハラハラドキドキしています。

そんなわけでますます目が離せない『童貞。をプロデュース』ですが、今週末はオールナイト第2弾。日本の夏。童貞の夏。です。

トークゲストは、チラシの告知にある山下敦弘監督が急遽お仕事の関係で来れなくなってしまいましたが、スペシャルゲストとして特殊翻訳家の柳下毅一郎さんがご来場してくださることになりました!上映される『パンツの穴』の鈴木則文監督とも親交の深い柳下さんに、童貞スピリットを注入して頂きましょう。

『アイデン&ティティ』は35mmプリントでの上映。銀杏BOYZ・峯田さんが人気沸騰中の今、改めて観るにはとても良い機会になったんではないでしょうか。

『中学生日記』は今までほぼ上映もされていない貴重な1作。松江監督は笑いすぎて酸欠になったそうです。『リンダ・リンダ・リンダ』より5億倍面白い、のコメントに複雑な面持ちの山下監督でしたが、実際どうなのかは是非当日、その目でご判断を。

『パンツの穴』はあれこれ言うべくもない金字塔。永遠の名作であります。ムキンポ万歳!最近のメジャーの漫画の実写映画の不出来に辟易している方はこれを観て心を癒しましょう。

そんなこんなで、皆様のご来場、心よりお待ちしております!

2007/08/12 (Sun) 12:23
『童貞。をプロデュース』CM-02

2007/08/12 (Sun) 12:21
『童貞。をプロデュース』CM-01

2007/08/10 (Fri) 09:22
皆殺しの霊歌

去年の10月頃だろうか、突然 松江さんから 「話がしたいから一度会おう」と連絡が入る。
しょうがないので、待ち合わせ場所の池袋へ。ニコニコニコニコした松江さんと再会。
おしゃれなコーヒーショップへ。
俺的にはなんとなく よく分かんねーけど、映画出なくちゃいけないのかなぁ、 はー と半ば諦めて のぞんでたんだけど 、最初はいちお渋ってみる。松江さんも俺が加賀くんみたいにへ理屈であーだこーだと抵抗されると思ったのか よく覚えてないけど、「童貞。をプロデュース」の社会的意味とか義務とか、格差社会が何だらかんだらと 難しい話をまくし立てられ 俺は「はー、まー」と頷くだけ。
最後に「こんな所(コーヒーショップ)に来てる奴なんて殺したいだろ!」、「ムカつくだろ!みんな死ねばいいと思うだろ!」 と同意を求められる。
確かに高校時代は 俺がスーパーサイヤ人だったらクラスの奴は皆殺しだ! とか 瞬間移動さえ出来れば あの子もこの子も監禁飼育してやる! とか 俺がブッシュを暗殺してやる とか誰でも思う事を常に思ってたけど・・・ んー まー 男はみんな死んでもいいな 女の子は俺と付き合う可能性もある訳だからダメだけど、 なんて事は言える間もなく・・・
「よし、じゃー 決定だな、よろしく」 と出演が正式に決定。まだ加賀くん主演の「童貞。をプロデュース」さえ観てなかったのに・・・
んなわけで最後に「童。プロ」のビデオを貰い結局良く分からない内に帰路へ。

しかし松江さんは口が上手いっーか 弁が立ちますよねー いいなー あの笑顔と口車に女子は騙されちゃうんだろうな。

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗

2007/08/07 (Tue) 11:54
『童貞。をプロデュース』CM

先日のネイキッド・ロフトで即興撮影した『童貞。をプロデュース』のCM、2ヴァージョンがYoutubeにて公開されました。

http://www.youtube.com/profile_videos?user=spotted701

加賀君の音程がおかしいのは気のせいです。
梅澤君のクネクネとした動きに注目です。

改めましてネイキッド・ロフトにご来場された皆さん、倖田李梨さん、ありがとうございました。

2007/08/06 (Mon) 15:04
『STUDIO VOICE』最新号にレビュー記事掲載!

sv0709_220.jpg

発売中の『STUDIO VOICE』最新号の新作映画紹介欄に『童貞。をプロデュース』のレビュー記事が掲載されております。ライターは劇場用チラシに熱いコメントも提供してくださった(といいますか、あれも以前STUDIO VOICEに書いて頂いたレビューから抜粋させて頂いたんですが)桑原あつしさんです。

また、同誌には松江哲明の連載『トーキョー・ドリフター』も掲載されておりますので合わせまして是非御拝読ください。

引き続き宜しくお願い致します。

2007/08/06 (Mon) 14:56
「映画芸術」最新号に松江監督ロングインタビュー掲載!

eigei420

発売中の『映画芸術』420号は表紙に堂々と『童貞。をプロデュース』も記載!劇場公開を記念して、松江哲明監督のロングインタビュー・全6Pが掲載されています。是非ご覧になってみてくだしさい。

2007/08/06 (Mon) 14:53
奈美ちゃんについて思う1、2の事柄。

島田奈美を知ったのは05年の秋だったか。「スケバン刑事」(特に2の南野陽子)にはまった俺はボムやダンク、モモコにオーレ、シュガー等の80年代アイドル誌を買い漁ったり、拾ったりしていたのさ。 
そーいった過程で 全然知らないけど 島田奈美 って子がめちゃくちゃカワイイなぁ と。 それでリサーチしていく内にこの子しかいないと。 
松江さんとか知らなかった人はB級B級って言うけど そうじゃないんですよ。 当時の雑誌には毎号のようにでてるし、ボムでは2回も巻頭特集してるしね。 クレアラシルのCMも有名だったし(しかもスク水バージョンまで! プールに入ってるんで肩上しか見えないけど。 水着は最初の「パンツの穴 パート2」のオーデションとクレアラシルだけ!)。ヤフオク(奈美ちゃんグッズ購入の為始めました)にも結構出てるし。
んで なんでそんなに好きなの って言われたら カワイイからとしか言えないけど  んー 奈美ちゃんは自分の好きなことしかやってないっーかやりたくなかったと思うんですよ だから引退して音楽ライターにまでなっちゃたんですよ。
そんなビミョーなな消え方も素晴らしいじゃないですか。

俺は元アイドルの人がアイドル時代の事をあーだこーだと否定的に言ったりするのはどうかと思うんだけど 奈美ちゃんとゆーか奈央子(本名)さんはほとんど語ってくれないんですよ。 取材させてくれってのは多分けっこーあると思うんだけど そういった頑なでミステリアスな所とか。 それに 現在でも美しいってことですね。 アイドル時代の浅田美代子もかなりカワイイと思うし、好きなんだけど やっぱ今はおばさんじゃないですか まー アリかナシかって言われたらアリですけど 。 そんな現役で応援できます って事が重要。
そんな想いを込めて、奈美ちゃんに楽しんで貰うためだけに 奈美ちゃん賛美映画 「独立宣言」を作ったのです。
いきさつは出会って半年程たったある日ヤフオクで手に入れた奈美映像集を観ていると こんなんでましたけど の占い師が奈美ちゃんは21か24で婚期が とのこと。 あー俺が同年代だったら俺だったかもしれんなー と思った瞬間 スパーンと全てが浮かび よしこれを映画にしよー と、そして渡そーと決意。現役アイドルで作ると流石に引かれるだろうが、奈央子さんなら笑ってくれるだろうと勝手な確信の中 制作は進み 友の助けもかり06年の8月くらいかな「独立宣言」完成なる!!
完成したはいいが さて渡そうとなると なかなか・・・ 俺とゆーか童貞とゆーかオタクとゆーか は妄想は再現なく膨らむけど いざリアルなことに直面すると・・・ ほんとにダメじゃないですか。 まーじゃー取りあえず 調布映画祭に出してみるかと。 したら一応 入選しまして。 その後ですかね、 松江さんから一度会おうとの連絡が入って。 なぜか「独立宣言」も持ってきてとの事(多分 調布映画祭実行委員のムラケンさんから漏れたと思われる)。気は進まなかったけど どうなるんだろうドキドキとの期待感もあり 一路 東京へ。

つづくのだ。

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗

2007/08/04 (Sat) 13:22
予告編集2 単館系映画編

20070804132010.jpg

「予告編集2 単館系映画編」

「血を吸う宇宙」…エキストラ20人集めて、新宿のガード下で撮影。僕とカメラマンは道路の分岐点に立って16mmで撮影。なかなか最後の「ビシッ!」が上手く行かず、ラストフィルムがもうなくなるって時点で「バシッ!」と決まった時には皆から拍手が起こった。

「夢の中へ」…「奇妙なサーカス」の撮影中に作ったもんだから、「現場でも自宅でも園さんかよー」と思っていた。

「紀子の食卓」…本編を見た直後に「作って」と言われたのだが、「無理」としか思えなかった。本編見た人なら分かるだろうけど。ハッキリ言ってこれまでで一番苦労した予告。こんなに直したのは、ない。

「アインシュタイン・ガール」…久々に見直して「うっわー、こんなの作ってたんだ」と驚いた。

「マリといた夏」…イ・ビョンホンをクローズアップ。実は本編ではちょこっとなのだが。が、なぜか「めざましテレビ」で例のスローモーションが何度も放送され(「お宝映像!」って感じで)、宣伝的には大成功らしい。ポニーキャニオンの宣伝担当さんが偉く喜んでくれたそうだし、この予告をおまけにしたDVD付き前売り券は劇場で品切れになるほどだったし、よかったよかった。

「ブレスレス」…久々に見直して「うっわー、こんなのも作ってたんだ」と驚いた。

「セルフドキュメンタリーの逆襲」…ファンタスティクシアターのイベント用に制作。テンションの高ささえ伝われば、と。このイベント、台風にも関わらず、3日間で300人の動員で大入り満員。やれば出来る、本当に面白いものをやればちゃんとお客さんは来てくれると実感出来た。この出来事があったから「セキ☆ララ」を上映しようと決めた。

「アボン」…けっこう最近のもの。スローライフを意識して。こういうのもアリ。

「レター」…つい3日前に完成したばかり。10月にK's cinemaで上映。多分、今回が初披露。

「そんな無茶な!」…渋谷の交差点で無茶した予告編。ネットより劇場で見て欲しい。

2007/08/04 (Sat) 13:03
予告編集1 R-18編

20070804130159.jpg

「予告編集1 R-18編」

「肌の隙間」…本編に音楽も台詞もないのでさて、どうしようかと。結局、瀬々さんに詩を書いて貰い、不二子さんにそれを読んでもらった。音楽は「トーキョーエロチカ」のをお借りして。「たまもの」の時もそうだったが、本編に「ない」ものからあれこれ考え、作るのは結構好き。

「花井さちこの華麗な生涯」…撮影一時間、編集二時間、仕込みに数日。もうバラすけど、これフェイク。ただし、女池さんには黙ってて。ガチで「J民党」に電話をして下さい、と向井君の家の番号を渡して、「絶対コメントを貰うつもりで」と伝える。向井君の家で山下作品でお馴染み山本剛史君が待ってて、「広報部です」と。現場では電話の音が聞こえないのだが、必死な女池さんの表情を見て、大丈夫だな、と安心し切っていた。女池さんの突然、電話の向こうで「それではそこにいる松江さんに代わって下さい」と言われた時の表情が傑作。ニューヨーク帰って来た翌日にこんな撮影に付き合ってもらって大変感謝。

「ビタースイート」…女池さんの見え方を「花井さちこ」と真逆にしなくては、と制作。つまり出来るだけ格好良く。「un film de MITSURU MEIKE」ってのはとある邦画の予告編を見て「あ、パクろ」。

「R-18 LOVE CINEMA SHOWCASE vol.1」…カンパニー松尾さんが「松江ー、AVじゃないから堂々と回せるなー」と言っていたが、当然ゲリラ撮影。しっとりとした女性が「あれ?」と気付くようなものにしたかった。

「女優 林由美香」…単行本の予告編。ラスト、どうしても実物を映したくて書店に行こうと思ったが、そんな時間もなく、自宅のパソコンの前に置いて撮影。こんな風に誰かの自宅にぽんと置かれる本になればいいな、と思いながら。

「R-18 LOVE CINEMA SHOWCASE vol.3」…松浦さんとはこの日、初めて会ったのだが、常にカメラの前にいないとダメな人なんだな、と。竹洞作品のようなあたたかいスタンダードさを予告編にも入れたかった。

「おじさん天国 監督インタビュー編」…調子に乗って計4つも作ったのだが、最初のコンセプトとして考えていたのがこのバージョン。

「おじさん天国 おやすみ編」…たまたまおじさんが寝てて、太鼓の音がいい感じで、多分3分程度で撮影した。皆に「ちょっと先行ってて」なんて感じで。晴美埠頭のいまおかーな雰囲気だったからこそ撮れた予告編。

「かえるのうた」…劇場で流れたものとは違うロングバージョン。だってラストがネタバレしてるし。けど、アルゴのkumakumaさんがえらく気に入ってくれてパンフに付けるおまけとしてDVDまで作ってくれた。4時間もかけてダンスを踊ってくれた女子2名に感謝。彼女たち、いまおかさんに「よく覚えたねー」と言われていた。

2007/08/04 (Sat) 02:46
ほんとにあった!呪いのビデオ「儀式の村」

07169296.jpg


ほんとにあった!呪いのビデオ「儀式の村」

下北での「セキ☆ララ」上映があったため、めちゃくちゃ忙しい時期にも関わらず引き受けたのは、依頼者から「とにかく作ってくれさえすれば、なんでもいいから」と言われたから。

いや、さすがにそこまで言われはしなかったかもしれないが、僕と撮影編集担当した小川君にはそう聞こえた。

だったらこれまで封印していたとっておきのネタに着手しようではないか、と。

今岡さん、女池さん、朝生さんと偶然にも知人が呪われてると知り、助けない手はなかったし。

沢田幸夫なる奇怪な人物からの投稿があったことだし。

なぜか西新宿が舞台になってしまった。

ラストの村が「童貞。2」のドリーマーの田舎の風景に似てるが、全くの偶然。

そこではチェンソーを絶対に映そうと思った。

ラストの撮影はとにかく時間がなかったので、真利子には「とりあえず○○して」と今考えても「酷いな」と思う演出をしてしまった。

取材を進めて、童貞Kにそっくりな男がちゃんちゃんこを着て踊り出したのには驚いた。

童貞Kにそっくりな男の兄さんと話をする機会があったのだが、「次のガンダーラは彼だ」と一瞬、思った。

しかもその兄さんが撮ったという自主映画が素晴らしかった。

インタビュアーを担当した真利子哲也のナレーションを徹夜で作業した。

完成後、なぜか「笑った」という意見が多く、困った。

佐々木敦さんは偶然本屋で本書を購入し、とにかく知ってる顔が出まくるのでびっくりしたらしい。

イメリン関係者には「冷静に見れない」とも。

真の意味で作品を発見してくれたのは「DEVIL PRESS」の田野辺さんだった。

一時、僕のブログに「カパ踊り」で検索する人が多くて、焦った。

ナヲイさんのブログも同じ目に遭ったらしい。

で、依頼をしてくれた編集者さんにも「カパ踊りが頭から離れません」と言われた。

「もうこの編集者さんからの仕事はないかもな」と思ってたら、新雑誌のインタビューや、「童貞。」の予告編をコンビニ売り雑誌の付録DVDに収録してくれたりと(しかも表紙にタイトルを載せてくれた)、大変お世話になった。

「来年の夏にまた出すと思うんで、ぜひ!」と言われたのだが、版元(英知出版)が潰れてしまったので当然依頼はない。

2007/08/04 (Sat) 02:21
SとMと故郷と里菜子

top1.jpg


「SとMと故郷と里菜子」

平沢さんと彼氏と故郷の風景に完敗。

以上。

(ネット公開時のタイトル画像)http://www.pornograph.tv/main/video_sample/h1matsue/index.html

松江哲明

2007/08/01 (Wed) 18:44
峯田和伸(銀杏BOYZ)、まさかの特別出演決定!

doteiflyer02

いよいよ今月末から公開の『童貞。をプロデュース』に、ビッグニュースが届きました。
何と、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)が、本編の第1部と第2部を繋ぐインターミッションに特別出演することになったのです!!!!!!!!!!!!!!!!!!

http://www.hatsukoi.biz/news.html

しかも同シーンでは峯田さんが童貞1号・加賀君が作詞・作曲、劇中(予告編でも一部使用)でも登場する『穴奴隷』という曲をカバー演奏するという奇跡のような事態に。人生何が起こるかわかりません。せっかくなので、歌詞もアップしておきましょう。

ーーー

「穴奴隷」
作詞・作曲:加賀賢三(童貞1号)

君を穴奴隷にしたい 僕の便器にしたい
君の穴という穴すべてを 僕のペニスで塞ぎたい

君を壊したい 僕を殺してほしい

夢の中では僕ら あんなに笑い合っていられたのに
夢から醒めたら僕ら 恋人同士じゃなかった

君を穴奴隷にしたい 僕の便器にしたい
僕の穴だらけのすべてを 君の存在で塞ぎたい

君と手をつなぎたい 僕を助けてほしい

君の声が聞きたくて 君に電話をすれば
今度こそ裁判沙汰だぜ

君の姿が見たくて 君に会いに行けば
今度こそ警察沙汰だぜ

夢の中で生きられたなら 君と一緒になれたら
夢から醒めても僕ら 恋人同士でいられたら

ーーー

尚、念のため書いておきますと、同シーンは生演奏ではなく撮影・収録する映像への出演になりますので、ご了承ください。

このニュースを受けて劇場用チラシの方もニュー・ヴァージョン(黄色)が登場です。是非手に取ってみてください!

2007/08/01 (Wed) 12:16
第1弾イベント、無事終了!

dotei_event01

第1弾イベント『「童貞。をプロデュース」をプロデュース』、無事終了しました!

ネット告知のみながら大盛況!アットホームで楽しいイベントとなりました。

第1部では童貞1号・加賀君、2号・梅澤君の紹介と短編映画(童貞。2に搭乗する梅沢君の『独立宣言』フルヴァージョンも上映!)、そして予告編第2弾の公開収録を敢行。そして第2部はいきなり女優・長澤つぐみ嬢と加賀君、梅澤君3人のみによるトークでスタート。ぎこちなくなるどころか長澤嬢の見事な仕切りっぷり(女神っぷり)に一同感激しました。

また、来場していた女優・倖田李梨さんに協力してもらって予告編第3弾も緊収録。近々Youtubeにて公開、また8/11、8/18 の童貞オールナイトでもCM的に上映される予定です。

そんなこんなで、好感触ムードで「童貞。をプロデュース」ツアー開幕。週末からはアップリンクで怒濤の松江特集上映スタートです。

尚、特集上映最終日のシークレット上映では上映作品のプロデューサーより秘蔵映像を一夜限り解禁します!という嬉しいお知らせも頂きました。

さあ、いよいよ8月。日本の夏、童貞の夏、開幕です!

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。