--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/24 (Tue) 03:04
双子でDON

v48f_don.jpg

「双子でDON」

「一卵性双生児の姉妹がいるよ」と松尾さんから聞いて、「セックスの途中で相手が入れ替わっても、気付くもんなんですかね」と提案した。

実験体となった男優は「セキ☆ララ」でもお馴染み花岡じったさん。松尾さんとも「花岡さんしかいないでしょー」と合意。

バクシーシ山下作品で見せるお茶目な姿(山下監督は社会派、暴力といったイメージが強いが実は軽いコメディも多い)を見て、「花岡さんでなら『お笑いウルトラクイズ』が出来る」と確信していた。

なので全編を通して「人間性クイズ」なノリは重視。

撮影のたっちゃん(近藤龍人)が異様に楽しそうだった。

双子は「大丈夫ですかね?」と心配してたが、僕は絶対にバレない自信があった。それ程、そっくりだった。

僕は笑いを堪えるのに必死で、腕を噛んでしのいだ。

バラシのシーンは現場の時点で爆笑。花岡さんの表情が、スゴイ。

レズ&3Pを撮ってる時「クローネンバーグみたいだな」と思った。

なぜか涙のラストになってしまった。

花岡さん曰く「『セキ☆ララ』を上映するよりも、こっちをやってくれよ。これが俺の自信作だよ」。

実は今回の特集上映で最もスクリーンで(出来れば大勢で)見たい作品。

山下君の感想もすげー気になる。
スポンサーサイト

2007/07/24 (Tue) 00:52
セキ☆ララ

sekilala01.jpg

「セキ☆ララ」

『数年前まで僕は「もう在日ネタはやらない」と言っていた。過去の歴史を追うのは性に合わないと思っているし、いわゆる「悲しい過去」を一方的に聞かされるのはしんどい。それでも誰かに「数十年後には在日コリアンはいなくなる」と言われた時、一瞬だけ「いなくなる」って言葉に反感を覚え、その直後に「それなら撮らないとな」と思った。それも出来るだけ同世代を。一世のおじいさん、おばあさんではなく、三世とか四世といった若い世代を。
だから正直、「在日コリアンのAV女優、男優」なら誰でもよかったのだ。絶対に三世の相川ひろみで、朝鮮籍から韓国籍に変えた二世の花岡じったである必然性はなかった。でもその緩さがよかったな、と思う。雨の海岸とそこにたたずむ背中、尾道のスナック街の路地、鶴橋のキムチ屋。緊張感とは無縁なただ、 そこにある風景を撮りつつ、交わされる会話。特に花岡さんの「在日って中途半端な人が多いんだよ」という言葉は今でも忘れられない。
特別永住権を持つ在日コリアンは年々減っている。だからとって「いなくなる」ことはないと思う。僕は5歳で帰化をし、国籍では「日本人」となった が、「在日」という意識が消えることはない。僕だけではない、この作品に登場する皆がそうだと思う。
「今の「在日」が撮りたい。それも性を生かせるAVで」そんな考えから始まった「Identity」。僕は今でもカメラの前で食べ、走り、セックスした 彼、彼女等との時間を思い出す。その時に共有した思い、を忘れないように』

と、ヤマガタでのコメントで書いて、来週にはDVDが発売されて、今度はまたアップリンクで上映。
「アイデンティティ」が「セキ☆ララ」になって、さらに多くの人へと広がることが嬉しい。

だからこそこの機会に、ぜひスクリーンで見て欲しいと思う。

2007/07/23 (Mon) 20:37
闇からの使者

えー では そもそもなんで俺が「童。プロ」に出るはめになったかっと申しますと まずまず 松江さんとは俺が3年間青春を棒にふった おっと 謳歌した映像系専門学校の講師として出会ったのでした(加賀君とは同級生)。
が 1回も授業を受けた事もなく、 変な若い人がいんなー くらいにしか思ってなかったし 松江さんも俺の事を認識していたかどうか。
そんな2人が面と向かって顔を合わせたのは学校の卒業を控えた2年前の調布映画祭の打ち上げになる。酔っ払って騒いでいた俺(酒癖かなり悪いのです)を 「お前ふざけんのもいい加減にしろよ!」と本気で怒られて 俺 号泣。人前で号泣するなんて小学生以来だ。
大木さんに振られて泣いてたという説もあるんだが 記憶が飛び飛びなので 俺的には松江さんに泣かされたとずっと思ってて、これで勝手に絶縁宣言したつもりだったんだが・・・ (しかしよく考えれば松江さんは全く悪くないし 騒いだり泣いたりしている俺が150%悪い、 でもさー20代女子に 「オ0ンコ触らせろよー」とか駄々をこねる松江さんに言われたくなくもない)。
再度の再会は去年の春かな 加賀君が俺ん家の方にロケハンに来たいちゅうんで 加賀君の映画でだなと思ってたら いきなり松江さんを連れて来まして 予期せぬ再会になったわなけです。言わずもがな松江作品のロケハンだったわけだが 別に言えよ と 断ったりしないよ まったくさー。 確かの最初は マジかよ と思ったけど、そばおごって貰ったしそんな恐い人ではないと。
で なしくずし的に俺ん家にもとなって 俺ん家へ。 そん時は離れからの引っ越し前だったのもあって 部屋が今より酷かったのと 学生時代に書いたただただ恥ずかしいだけのエロ脚本を発見されたり して 、
そん時から確かに松江さんは「童貞」「童貞」とは言ってたけど 俺 加賀君の「童。プロ1」 その時まで存在すら知らなかったんですよ! 酷いよなー 仮にも俺は「特別人間恋愛ドキドキ倶楽部」の1員だよー (あっ バンドです、俺はピアニカ担当) 1回しか練習してないけど。そんなこんなでそん時はふにゃ?って感じだったし いつ松江さんが俺で行こうと決めたかは謎なんだが この再会が運命の歯車を狂わせるのだったー!!
ちなみにその松江作品は俺の部屋でも撮影したらしい らしいというのは俺は当日仕事だった為、誰もいない我家に勝手に来て勝手に撮影という荒技を敢行。部屋は荒れ放題だし、俺まだ観れてないんですが・・・ アップリンクではやるのかしら??

そんなこんなでだらだら長いけど まだまだ続く!?

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗

2007/07/21 (Sat) 03:08
童貞。が世界を救う!

hiho2007_9
"この夏は小学生気分の映画雑誌"こと「映画秘宝」最新号に、かの三留まゆみさんが『童貞。をプロデュース』のために描き下ろしてくださったイラストが掲載されております!加賀君&梅澤君はもちろん、8/11のオールナイト上映でお目見えするナポレオン・ダイナマイト、ファントム=ウィンスロウ、レザーフェイスの3大童貞の姿も!嬉しいコメントも多数添えてあります!皆様も是非手に取ってみてください。

2007/07/20 (Fri) 18:33
グッバイメロディー

hmrd-001-01.jpg


「グッバイメロディー」

佐々木敦さんとの出会いのきっかけになった作品。

東良さんには「ドアーズの『ストレンジ・デイズ』のようだ」と言われたけど、撮影の近藤龍人に「こんな感じで」と参考に見せたのは大江千里の「Man On The Earth」。

「ストレンジ・デイズ」は後でYouTubeで見て「なるほどー」と思った。

大江千里の「Man On The Earth」はDVD「SENRI CRIPS 2」に収録されてるけど、見比べないで欲しい。

作る前に豊田さんからヒントになるような言葉を言われて、それは十分に意識した。

そもそも作るきっかけは松尾さんから「豊田君が新しいアルバム出すから、そこから曲を選んでPV作ろうよ」と言われたからで、「東京の恋人」「新宿」は誰が聞いても「松尾さんが撮るべき」と思ったから、僕は「歌詞が過去形」なのが気になった「グッバイメロディー」を選んだ。

ロケで使用した廃線はこれまで何度か撮影で使ったけど(前略、大沢遥様、バクシーシ山下監督の「ほんとにあった呪いのエロビデオ」)、やっとこの場所を生かせる撮影が出来たと思った。だからもう二度と使わないと思う。

山下君(※山下敦弘監督)もここでPVを撮影したそうだが、管理人に見つかって怒られ「松江君はAVまで撮ってんのにズルイ」と思ったそうだ。

現場ではほとんどが「はじめまして」な人たち。

昼前に新宿に集合して、夕方には撮影が終わって、それこそ実質2時間程度の撮影だったけど、妙なテンションがあったと思う。

失敗した場合の代案も考えていたのだが、それは秘密。

撮影後、新宿で打ち上げをしたのだが、撮影の時ほど盛り上がらなかった。

いつかスクリーンで見たいとは思っていたので、今回の上映は嬉しい。

2007/07/20 (Fri) 16:05
『童貞。をプロデュース』前売券、好評発売中!

dotei_ticket『童貞。をプロデュース』劇場用前売券が、都内の劇場および、中野ブロードウェイ内の書店「タコシェ」で販売しております。この券は、8/11、8/18の公開記念オールナイトの際に優先券、割引券ともなりますので、是非今のうちにお買い求めください!

また、公開劇場であります池袋シネマ・ロサ窓口とタコシェでお買い上げの方にはチラシと同じ武富健治さんのオリジナルイラストを元にしたシール(限定品/2種類いずれかをお選び頂けます)が付いてきます!

はてさて。チラシにある「某ミュージシャン」の発表も間もなくです!

引き続き宜しくお願い致します。

2007/07/20 (Fri) 04:05
前略、大沢遥様

4542375220523.jpg

「前略、大沢遥様」

ちょうど失恋したタイミングに撮影した作品。

そんな苦い思い出を癒したいがために向井君と童貞K、ドリーマーの先輩となる当時の生徒K島を誘って北関東へ逃避行。そういえば彼もVァンタン。さすがな学校。

童貞キャラをイジるという構図はこの作品からスタート。向井君には「まっつんは男を撮った方が面白いよ」なんて言われた。撮るのも見るのも女子の方が好きなのに。

あんな美人に上下スウェット着させるなんて、僕の服のセンスのなさを彼女にまで強要しなくてもと思うが、見直す度に「ないな」と思う。

あんな美人と混浴に入ってるにも関わらず、誰も手を出さず、その割には誰が隣になるかでじゃんけんなんてして。そんな青臭さが「あの頃」なんだろうか。

あんな美人が「こんな乱れ方をするなんて!」とショックを受けた僕は撮影後、プロデューサーに「話、違うじゃないですか」とトンチンカンな電話をした。

作品中でも語られているように例の出来事によって徹夜で運転するハメになった。いくら頑張ってもまぶたとまぶたがくっつこうとするので、向井君に運転を変わってもらって、人生ナンバーワンってくらいの即睡をした。

七夕に撮影したので、毎年連絡し合いましょう、なんて大沢さんと約束したけど、そんな約束が守られるはずもなく、4年目になった。携帯を落としたのでもう番号さえも分からず。

今回の特集上映の為に何作品か再編集をするのだが、本作が一番「ヤダ」。悶絶しながらの作業になることは必至だろうから。

という訳で「これ一番いいね」とこれまで5人くらいに言われたが(その人たち、「キムチ」も「セキ☆ララ」も「童貞。」も見てるのに)、個人的には納得がいかない。

今、改題するなら「童貞。をプロデュース エピソード0」。

2007/07/18 (Wed) 00:09
愛と復讐の挽歌

えらいことになってるなぁ、 劇場公開ですか・・・ 公式HPまで出来て感謝感激だけども・・・、いいの?
だいいち、童貞 童貞 とおだてられても俺、童貞じゃないし!(完全版では告白してますが)童貞は童貞でも素人童貞なわけで。 だから真性の人には申し訳なくて。
まー でもね 1回や2回プロの人とやったからって変わりゃしねーよ。今じゃー後悔してます。初体験を思い出す度にあの肥えたブサイクなおばさん(26と言っていたが30は余裕でこえてると思う)が出て来ると思うと悲しくなるさ、あーあ。
しかししかしだ 21の俺が何故そんな行為に走ったかというと、当時好いていた女性に振られまして・・・ このままじゃどうにかなっちゃうよ って時に これは 風俗しかないだろう! デリヘルしかないだとう! 、と いやーでもね 結局 全然楽しくないんですよ。そんな初めて会った人と楽しくおしゃべりなんて出来るはずないし、おっぱいだってモミモミナメナメしたくても そんな事出来るわけないじゃないですか! そんな訳で風俗は断念したわけです。
それに結局 想いを寄せていたその子にも その後1年くらいあーだこーだとつきまとい こっぴどい仕打ちを受け アイドルやブックオフ通いが加速するのでありました。
まー しかしだ もし彼女やら大木さんやらと付き合っていたら この映画は成り得なかったわけで、 今まで俺を通り過ぎていった全ての女性に みんなありがとう と言いたい。 逃した魚はでかかったと。

文・「童貞。をプロデュース」主演、梅澤嘉朗

テーマ : 日記 - ジャンル : 映画

2007/07/16 (Mon) 03:16
『童貞。をプロデュース』をプロデュース!

virgin_nagasawa『童貞。をプロデュース』公開記念イベント第一弾のお知らせです。

【イベント名】『童貞。をプロデュース』をプロデュース!
【日時】7/31(火)OPEN18:30 / START19:30
【場所】ネイキッド・ロフト
【料金】前売¥1,300(+1drinkから)/ 当日¥1,500(+1drinkから)
【ゲスト】松江哲明(『童貞。をプロデュース』映画カントク)、加賀賢三(『童貞。をプロデュース1』主演)、梅沢嘉朗(『童貞。をプロデュース2』主演)、長澤つぐみ(女優/スペシャルゲスト)、北村ヂン(童貞マスター) ほか

本イベントは、8月25(土)~池袋シネマ・ロサでのレイトショー上映が決定している松江監督の新作『童貞。をプロデュース』(祝・youtube予告編10000アクセス突破!) をお客様と一緒にプロデュースするイベントです。ロフトプラスワンでの「ガンダーラ映画祭」でも爆笑と感動を誘った今作品の面白収録秘話や「童貞」についてたっぷり語ります。童貞評論家・北村ヂンさん、そして杉作J太郎さんのイベントにおけるエアデート選手権グランプリにも輝いたAV女優・長澤つぐみさんもスペシャルゲストとして参戦!「スパルタ」&「おせっかい」をテーマにお送り致します。童貞1号・加賀君、『1』のテーマ曲『穴奴隷』、歌います。『2』に登場する梅澤君の短編映画『独立宣言』も観られるかもしれません。日本の夏。童貞の夏。緊張の夏。すべてはここからはじまります。ふるってご参加ください!

2007/07/15 (Sun) 22:27
松江哲明のセキララで嘘つきなドキュメント選集

「セキ☆ララ」DVD発売&「童貞。をプロデュース」劇場公開記念
『松江哲明のセキララで嘘つきなドキュメント選集』

matsuefes_main◎企画・配給:SPOTTED PRODUCTIONS
◎日時:2007.8.4(土)~8.9(木)
◎場所:アップリンク・ファクトリー
◎料金:『セキララ』+『グッバイ・メロディー』→¥1,000/その他トーク付き日替わり上映→¥1,500
◎フライヤーモデル:平沢里菜子+松江哲明 撮影:ナヲイタカトシ

なるほど確かに〈ドキュメンタリーは嘘をつく〉。だが〈嘘〉とは一体何なのか?、〈嘘〉ってウソのこと?、それってホントの反対?。だったらホントとは一体何なのか?……松江哲明は、歴史上のすべての優れたドキュメンタリー映画作家たち、歴史上のすべての優れた劇映画作家たちと同じく、ドキュメンタリーが嘘をつくことも、その嘘の中に真実が存在していることも、更にその真実の中に嘘が隠れていることも、劇映画がドキュメンタリーであることも、つまり劇とはドキュでありドキュとは劇であることを百も承知で、ドキュメンタリーを撮り続けている。ウソとホントが一緒になって、世界と人生を形作っているのだということを、彼の作品は最高のエンターテインメント性とともに、僕たちに教えてくれる。(佐々木敦/HEADZ主宰・音楽評論家)

---

8/4(土)~8/9(木)連日17:00~『セキ☆ララ』+『グッバイメロディー』
identity2005/監督・編集:松江哲明/撮影:村上賢司/出演:相川ひろみ、花岡じった/83分/提供:ハマジム
異なる民族・国籍の男女たちは、赤裸々にカメラの前でアイデンティティを語る。AVという仕事で時間を拘束された、その場限りの関係性でしかないのに。二度と繰り返されることのない時間とセックスの間だからこそ語れるのだろう。その一瞬一瞬で消えていく時間の刹那さが記録されたこの作品は、愛おしい。(モルモット吉田)

※同時上映『グッバイメロディー』解説
2006/唄と演奏:豊田道倫/監督:松江哲明/撮影:近藤龍人/6分/製作:ハマジム
ワンシーンワンカット長廻しのプロモビデオに前例がないわけではない。だからそこに驚く以上に、歌の感情を繊細に画面へ変換したエモーションの持続にこそ感動して欲しい。(佐々木敦)

---

8/4(土)19:30~『前略、大沢遥様』
osawaharukaトークゲスト:雨宮まみ(ライター)
2003/演出・構成:松江哲明/出演:大沢遥、松江哲明、向井康介/約60分(再編集版)/製作:ハマジム
初AV監督作品。意外にもメジャー・レーベルの単体女優物にして、松江哲明・童貞サーガの「エピソード1」ともいえる怪作である。童貞の大好きな映画 『スタンド・バイ・ミー』風の長回しショットや、女優と一緒に湯船につかりながらも指一本触れようとしない(というか触れられない)姿勢など、松江自身が「まだ」な輝きを放っていたあの頃。(九龍ジョー)

---

8/5(日)19:30~『双子でDON』
hutagodedonトークゲスト:山下敦弘(監督)
2005/演出・構成:松江哲明/撮影:近藤龍人/出演:山野姉妹、花岡じった/約60分/製作:ハマジム
セックス終了までの行程で、双子のAV女優が何回か入れ替わったとして、男優は気づくことができるのか?かつての代々木忠、平野勝之、そして松江へと受け継がれた「仕掛け」AVドキュメントの快作。哀れターゲットとなった天性のセックスマシン・花岡じったの運命や如何に?かくして、双子の天真爛漫なキャラとチープな音楽によるほのぼのムードの中、実験は始まった…!(直井卓俊)

---

8/6(月)20:00~『赤裸々ドキュメント・天宮まなみ』
sekilala_amamiyaトークゲスト:天宮まなみ(女優)
2005/演出・構成:松江哲明/撮影:近藤龍人/出演:天宮まなみ、松江哲明/約60分(再編集版)/製作:メディアジャック
素人を被写体に撮ってきた松江が、人気単体女優・天宮まなみをヒロインに迎えたロードムービー風AV。山下敦弘作品のほとんどを手がける近藤龍人によるカメラ(一部パートを除く)は、天宮の「生」と「性」をノスタルジックかつリアリスティックにとらえる。監督ですら予想もしなかったクライマックスに一本とられる敗北感もまた心地よい。(那須千里)

---

8/7(火)20:00~ 『SとMと故郷と里菜子』+『劇場用予告編集PART1』
smrinakoトークゲスト:平沢里菜子(女優)
2006/撮影・編集:松江哲明/出演:平沢里菜子、松江哲明/25分/製作:ハマジム
AV業界を引退後、ピンク映画・緊縛写真のモデルなどで活躍する女優・平沢里菜子を連れて彼女の実家がある東北へと向かった松江だったが…。父との確執、カレーライス、そして衝撃のプライベートSEX。"Sだけど根は優しい"松江は"Mだけど華麗で非情"な平沢の素顔をどこまで剥がすことができたのか?それとも…?(直井卓俊)

※8/7、8/8同時上映『劇場用予告編集PART1&PART2』解説
構成・編集:松江哲明/15分
オーソドックスなものから、本編映像が殆んど使用されないものまで、予告編監督・松江哲明の作るものには、本編への共鳴、批評、そして静かな扇動という刺激に満ちている。(モルモット吉田)

---

8/8(水)20:00~『ほんとにあった!呪いのビデオ<儀式の村>』+『劇場用予告編集PART2』
magazin
トークゲスト:田野辺尚人(「別冊映画秘宝」編集部)
2006/演出:松江哲明/出演:沢田幸夫、今岡信治、女池充 ほか/36分/製作:英知出版
松江哲明はストリート・ドキュメンタリストとは別に心霊現象追跡映像作家の顔も持つ。06年に撮影された『儀式の村』は、ある女性につきまとう謎の赤い影、呪われた人形、そして初めて撮影に成功した某所に伝わる秘儀「カパ踊り」の謎を追求する。これらの怪異が一軒の廃工場で結びつくクライマックスに戦慄だ!(田野辺尚人)

---

8/9(木)20:00~ ※シークレット上映
docu_usoトークゲスト:未定
2005/監督:?/構成:?/出演:?/編集:松江哲明
「ドキュメンタリーはフィクションである」という主題を作品の構造によって示す“ドキュメンタリー”。構造は、編集によって生み出される。本作でも明かな様に、松江哲明の“編集力”とは切断の冷淡さではなく強い肯定の力として現れる。それが陽のリズムを生みだし観客を主題の核心へと牽引するのだ。それ故、素材が文字であっても事情は変わらない。(品川亮/STUDIO VOICE)

---

『セキ★ララ』DVD、8/3(金) ON SALE!!!!!!!!
発売・販売:インターフィルム|定価:¥3,990|音声特典:いまおかしんじ、村上賢司、山下敦弘、向井康介による松江監督不在オーディオコメンタリー|特典映像:『セキ★ララ日和』収録
※イベント期間中には特別割引価格¥2,800で販売します!

2007/07/11 (Wed) 17:30
「童貞論 ~『童貞。をプロデュース』に寄せて~」

dt_kaga02「童貞」とは何もない空しさや何も出来ない無力さ、そんな心の真空状態を表す言葉なのだ。きっと。
?
高二の夏、仲間との約束「童貞喪失宣言」から早6年余りが過ぎてしまった。
何度も何度もさみしくて死にそうで死ねない夜を迎えて、悶え苦しんで転げ回って、映画観て泣いて、酒呑んで吐いて、今にも暴れ出しそうな何かをどうにかしたくて、それなのにシコってもシコっても勃起はおさまんなくて、なんだか器用に生きている奴等が羨ましくて悔しくて仕方なくて、グラビアの女の子たちは優しく微笑みかけてくれるのに、それでも誰かに抱きしめてもらわないと立っていられないような気がして……。
そんな僕に対して、抱きしめる代わりに松江さんはカメラを渡したのです。今思えば人の弱みにつけこんだ宗教の勧誘みたいな気がしないでもないんだけど、その時は松江さんの巧い口車に乗せられちゃったんだな。
で、お前を撮れ、と。
にしても、一体何を撮ればいいんだ? 僕なんか撮ったところで果たして面白いのかしら?
それで僕はとりあえずカメラに向かって叫んでみたのです。
「一体、僕はどうしたらいいんだッ!? 」
そしたらカメラは僕にその答えをくれたんだ。
カメラっていうのは単に映像を記録する為の装置じゃなかったのです。自意識粉砕機。そうだ、自意識粉砕機だ。
僕はその時、自意識のベットリこびり付いた主観の他に、カメラっていう新たな視点を手に入れたのです。
そして、ここからが松江さんの才能の凄いところだよ。
僕の身に振りかかる数々の不運。そのすべてが、松江さんの超自然的な能力によって仕組まれたものであると気付くのに、さほど時間は掛からなかった。
でも、そこで僕が失ったものっていうのは僕が今まで寄り掛かっていたものであり、甘んじてきたもの。そしてその奥には僕が今まで目を逸らしてきたもの、対峙しなければならない真実があった。
僕の心の真空状態の先にある、真っ暗でそれでも信じなきゃいけない未来だ。
?
躊躇したり立ち止まったりしたら、人間はきっと立っていられなくなる。
しっかり前を向いて走らなければ、たちまち倒れてしまうのだ。
でも走り続ける為に大切なのは、倒れないようにバランスをとっていく器用さよりも、一歩一歩を確実に踏みしめて行く為のリズム。次の一歩を信じて、今この一歩を思い切り踏みしめていく勇気、それが大切なのだ。そしてそれは人を信じるという事であり、また自分自身を信じるという事でもある。今まで異性に怯え自意識だけを肥大させて生きてきた僕には出来なかった事だ。
その結果として、僕らが抱えている底なしの孤独。それが「童貞」なのだ。
?
そんな事を松江さんは僕に言いたかったんじゃないかろーか、と今になって僕はそう思うのです。
?
……いや、違うな。
人の童貞をオモチャにしやがって! あんたジゴクにおちるよッ!!

文・「童貞。をプロデュース」主演、加賀賢三

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

2007/07/11 (Wed) 17:01
「笑うしかない」

dt_kaga01「童貞と関わるとロクなことがない」。
それが今回の作品(第1部「俺は、君のためにこそ死ににいく)を作って得た教訓。

真性童貞の加賀と一か月付き合ったが、彼は言われた通りのカットを撮って来ないし、時間は守らない。
約束の時間に連絡しても「まだ西荻(加賀の自宅)です」だと。もう「家族に何かあったの?」と聞くのも疲れた。
で、何かを要求すれば「あーだ、こーだ」と(経験もしてないくせに)文句を垂れる。チャレンジ精神が皆無なのね、童貞って。しかも語尾に「すいません」と付けるのも腹立たしい。
「いいかげんにその性格、直せ」と童貞を捨てる為に風俗を勧めるも、「風俗嬢は汚いから嫌だ。職業差別と受け取って貰って結構」なんてのたまう。そんな言葉を聞く度に頬をひっぱたいてやったが、叩き過ぎて手が痛い。

やはり23年間もこの日本に生きてて、未だ「童貞」ってのは異常だ。

これだけ巷にエロが溢れてると、嫌でも己の性と向き合わざるを得ないはずだ。なのにそれを避け、逃げ、オナニーで済ます。
この短絡的な行為が、時間を守らない、約束を破る、仕事が続かないということに繋がっているのだろう。

僕がこういう風に加賀を貶めるようなことを書いても、きっとあなたは「そんなこと言っちゃって、松江さんたら、本当は優しいのに」と思うだろう。

違う、違う、何も分かっちゃいない。
あなたは2時間も「クリスマス、クリスマス…うぐぐ」と呟く映像を、「しゃべり場」を見ながらオナニーする映像(さすがにこれはカットした)を、ゴミ溜の中でギターを何度も失敗し、その度に「テープ無駄にしちゃった」とコメントする映像を見させられることが、どれだけ腹立たしいことか分かるだろうか?
僕はそんなものが15本も手渡された時(しかもラベルには「FUCK!」とか「家家家家家」と加賀でさえ判別不能なことしか書いてない)、いいかげんにキレた。

それからだ、僕が加賀に対し、距離を置くようになったのは。
すると彼が何か失敗をしても「あ、しょうがないか童貞だから」と思えるようになった。

加賀にアドバイスし、一緒に考え、何か面白い素材を期待するような制作の仕方をしていたら、とてもじゃないが僕の方が保たなかった。
付き合ってられるか。深夜に突然かかる「まさみさん(仮名)が、まさみさんが…ぐごぉ」って、電話だけでもうんざりなのに。

それでも僕が計18時間分の素材を全て見、編集し、まとめられたのは彼の周囲に集まる人間が素敵だったからだ。
同居人の(加賀曰く)イケメンの大西くん、クリスマスイブにもバッティングセンターに付き合い、「明石家サンタ」でイブを過ごした友人や、「加賀君は素敵」と、「本気で?」としか思えないコメントを言った女友達に、マドンナまさみ(仮名)さん。
皆さんはいい人です、ホントに。
加賀は「友達には感謝してる」なんて言ってるが、そのありがたさに気付くのは彼が童貞を捨て、彼女とイブにケーキでも突っ突きながら「あれ、意外とつまんない」と我に返った時だろう。

あとはやっぱりカンパニー松尾監督と、浜田社長と、女優Rちゃんには感謝。
加賀は最後までRちゃんの名前を知らなかったけど、例のプレイと帰り際の松尾さんの言葉は忘れない…はず。
あなたがこの作品見て、何かのきっかけで加賀と話をして、もし彼がそのことを忘れてたらひっぱたいていいので。
僕が許可します。

ちなみに加賀の一連の行動を見て、切実な共感を覚えた男性がいたとしても、僕は二度とプロデュースをしないのであしからず(女性の場合は応相談)。
だって「童貞と関わるとロクなことがない」から。

文・「童貞。をプロデュース」構成:編集、松江哲明(06年1月)

テーマ : 映画関連ネタ - ジャンル : 映画

2007/07/03 (Tue) 01:31
『童貞。をプロデュース』予告編

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。